漢江ヨイド、春の花祭り

漢江ヨイド、春の花祭り - 韓国のお祭りナビ

韓国のお祭りナビ

漢江ヨイド、春の花祭り

漢江ヨイド、春の花祭り

汝矣島(ヨイド)は漢江(ハンガン)に浮かぶ中州で、ソウル市内で最大の桜の名所です。
汝矣西路(ヨイソロ)と呼ばれる1.7kmの区間には、済州島(チェジュド)原産の桜の木1641本を始め、ツツジやレンギョウなど13種87859本もの花たちが咲き乱れます。

その桜の季節である4月の第1〜2週にかけて毎年開催される、「漢江汝矣島(ハンガンヨイド) 春の花祭り」。
国会議事堂の裏手の漢江沿いと特設舞台では、開幕式から様々なイベントでいっぱいです。
国内外のアーティストたちの路上パフォーマンスや数多くの展示など、さまざまな舞台を繰りひろげ、着ぐるみキャラもたくさん集まります。
また、会場一帯は交通規制をしていわゆる歩行者天国になるので、桜並木をゆっくりと堪能できます。
また、夜間には桜や多くの花々がライトアップされ、その景観は素晴らしいの一言。

カップルや家族連れがたくさん訪れるこの桜祭り。
「63ビルディング」や「漢江遊覧船」などの人気観光スポットもここにあり、桜の季節の観光は一段と楽しめることでしょう。
なお、桜といっても、韓国では日本のように、桜の下で宴会を開いたりはしません。
間違ってお酒を持っていかないように、注意しましょう。