釜山国際映画祭

釜山国際映画祭 - 韓国のお祭りナビ

韓国のお祭りナビ

釜山国際映画祭

釜山国際映画祭

釜山国際映画祭は、1996年に創設され、釜山広域市で毎年10月に開かれる国際映画祭です。
アジアの新人監督作品を中心に扱う、国際映画製作者連盟公認の長編映画祭です。
長編映画祭では、アジア最大級の規模です。
多様なジャンルと、様々な国や地域の映画を鑑賞できる場を用意すると同時に、才能あるアジア諸国の監督と映画を発掘することに寄与しています。

映画ファンが心待ちにするこの映画祭は、革新開発地域のセンタムシティーにある映画の殿堂や、海雲台一帯の上映館で開催されます。
2012年の第17回は10月4日から13日に開催する予定で、上映館数は約36ヶ所、上映作品数は約70ヶ国、3200編余り。
参加ゲストは約60ヶ国、1万人余り、客数は約20万人以上を見込んでいます。

映画のほかにも、スペシャルイベントや野外公演、観客イベントプログラムなど、数多くの思い出に残るイベントが繰り広げられる予定です。
選りすぐりの映画だけでなく、俳優や監督に直接出会えるチャンスもたくさんあります。
映画ファンにはたまらない、この釜山国際映画祭。映画祭のガイドや上映スケジュール、ゲストリストなどを参考しながら、9日間の祭典を存分に楽しみましょう。