利川陶磁器祭り

利川陶磁器祭り - 韓国のお祭りナビ

韓国のお祭りナビ

利川陶磁器祭り

利川陶磁器祭り

利川は、約1000年の陶磁器美術の歴史をもつ有名な地域です。
ここで開かれる利川陶磁器祭りは、韓国で代表的な陶磁器祭りとなっています。
中国で発達した青磁や白磁、粉青沙器などの陶磁器の技術は、韓国で磨かれ、それが豊臣秀吉の朝鮮出兵の時期に日本へ入ってきたと言われています。
その韓国の優れた陶磁器を直接目で見ることができ、また様々な体験プログラムやイベントがも用意されています。
陶磁器の発掘や模様を描いたりする体験は、特に人気です。
また、学術セミナーやイベントも数多く行われています。

1987年から毎年開催されるようになった利川陶磁器祭りは、年々観光客が増えており、陶芸家以外にも1,000人以上の地域住民ボランティアが参加し、この祭りを支えています。
そして、観光客と一緒になって陶器作りのコンテストを行ったりするのも、この祭りの醍醐味ですね。

それに利川は陶磁器のほか、李氏朝鮮の朝鮮王朝時代(1392〜1910年)、朝鮮の王がよく訪れた温泉地域としても知られています。
陶磁器体験を楽しみ、その後に温泉をゆっくり楽しむのも一興です。
なお、この陶磁器祭りは4月28日から5月20日まで23日間。
利川ソルボン公園で行われています。交通アクセスは、首都ソウルから列車で約1時間です。